exhibitor | Good Job 展 2017-2018

exhibitor

企画展「IoTとFabと福祉」

国内4カ所(福岡・山口・奈良・岐阜)で行われている実験と実践を通して、新たな技術と障害のある人のしごとづくりを紹介

福祉と技術の関係づくり /山口
周南あけぼの園 × 山口大学国際総合科学部

山口情報芸術センター [YCAM] 協力のもと「お互いを知る」勉強会を開催し、福祉スタッフと技術者・デザイナーが出会う初めの一歩を考えた。その後、参加した施設と大学が協働を始め、ファブラボ山口の協力による機材講習、フィールドリサーチなど福祉と技術のコミュニケーション方法を探る。

デジタルメイカ―を育てる /福岡
生き方のデザイン研究所 × KIGSデジタル工房
工房まる × 九州大学

3Dプリンタやレーザーカッターで出力するためのデータを制作する技術をもち、自分や世の中にとって必要なものを自らデザインし生みだす「デジタルメイカ―」という仕事をつくりだすことを目指す。課題やノウハウを整理し、市場ニーズへの展開についても考える。

ケアとしごとに活かす体験と試行 /岐阜
社会福祉法人いぶき福祉会 × 情報科学芸術大学院大学 [IAMAS]

「粘土でつくった創作物を撮影するだけで型をつくりたい」「トイレに入ったら自動で鍵がしまってほしい」など具体的なアイデアを考え、スマートフォンを使った3DスキャンツールやIoTデバイスの体験を通じて、仕事づくりとケア環境の改善の可能性を見い出す。

デジタルファブリケーションの実践 /奈良
社会福祉法人わたぼうしの会 Good Job!センター香芝

個性豊かな製品が生まれる一方で、世の中が求める数量をつくれなかった福祉施設にとってデジタル技術は“適量生産”を可能にする。伝統工芸を組み合わせた「新民芸」や地元素材を活用した製品づくりなど具体的なものづくりの事例を紹介する。

Good Job! Award 入選展

協働から生まれた魅力的なしごと・はたらき方を全国から募集し、一次審査を通過した活動を紹介

マニュモビールズ /愛知
Manu Mobiles

“動く彫刻”や“吊るすインテリア”と呼ばれる「モビール」。紙と糸でつくられる職人的技術を要する作業を、4つの福祉施設と連携して製作し販売している。

胡蝶蘭の苗のオーナー制 /千葉
NPO法人AlonAlon

苗に出資をすると、障害のある人が苗を育て、育った花の一部を出資者の大切な人へ、残りを販売して所得を生みだす。企業や個人が関わりやすい仕組みを構築している。

ショートタイムワーク制度 /東京
ソフトバンク株式会社

精神障がいや発達障がいなどの理由により、長時間勤務が困難な方が週20時間未満で就業できる制度。 障がいにより就労意欲があっても、その機会を得られなかった方が参加できる新しい雇用システムづくりを 目的としている。

乳酸発酵OYATSU /神奈川・東京
NAOKO × COBO × かすたねっと

https://www.naokoo.com/

 

福祉施設が乳酸菌と出会い発酵しました。自然発酵乳酸菌でこれまでのおやつ・食品をアップデート。福祉施設が日本の新しい食文化の発信地としての役割を担う。

umi tote(ウミトート) /兵庫
NPO法人 萌友 – for you

暮らしのそばにある海をテーマにデザインしたトートバッグを制作。1日1枚コツコツ描くなど、アーティストに頼らず施設で自律的に完結できる手法をつくっている。

あたつく組合と始めよう! /奈良
あたらしい・はたらくを・つくる福祉型事業協同組合

小さい規模で点在している福祉施設は大きな商機や機会を得にくい。その可能性を、異業種の事業協同組合という福祉の枠組みを超えた連帯のあり方で広げている。

手づくり焼き菓子 かすたねっと /東京
社会福祉法人 花水木の会

東京・練馬の地で30年間クッキーとケーキづくりを行う手作りの焼き菓子屋。デザイナーとの協働によって、普遍的なものづくりの魅せ方を変えている。

大学と企業の連携による就労支援 /東京
株式会社ベネッセビジネスメイト+明星大学

社会就労が難しい発達障害のある学生をフォローする仕組み。障害者雇用のノウハウを持つ企業でのインターンシップを通して、はたらく機会を提供している。

リンクマーケット・イッチャン /韓国
NPO rawside(ローサイド)

障害のある人の表現活動と、そこで形成されるコミュニティを持続して拡散する方法。アート×デザインによって新しい参画者を増やして活動を広げている。

自然栽培パーティ /愛媛
一般社団法人 農福連携自然栽培パーティ全国協議会

はたらく場が少ない、農薬や肥料づけになった作物への不安、休耕地の増加、地方衰退という多重課題を、障害のある人が核となって楽しく解決していく。

さっこらProject /岩手
株式会社 幸呼来Japan

伝統的な裂き織技術を継承し、地元「さんさ踊り」の浴衣や、メーカーから預かった余り布に織生地として新たな命を吹き込むテキスタイルプロジェクト。

NOZOMI PAPER /宮城・東京
NOZOMI PAPER Factory × HUMORABO

東日本大震災を機に南三陸町のぞみ福祉作業所ではじまった手漉きのリサイクルペーパー。手づくりの風合いを生かし人と人の想いをつなぐプロダクトに。